flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

みやびな中国笛と古箏、そして生け花のコラボレーション【9/7】

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から
9月7日のスイーツタイムコンサートは
おなじみ中国笛の劉一(リュー・イー)さんと
テレビなどでも広くご活躍、中国の古い琴の名手、伍芳(ウー・ファン)さんのお2人による
お月見をイメージしたコンサート。

ikebana01.jpg

このコンサートでは名古屋に本拠を置く
石田流華道会さんのご協力のもと、お花と音楽のコラボレーションを行いました。
朝から準備に入ります。

ikebana02.jpg

丁寧に生けていく石田先生。

ikebana03.jpg

リハーサルでも既に雰囲気があります。

ikebana05.jpg

月の映像とお花と笛の音。三者あいまって悠久の世界へといざないます。

ikebana04.jpg

石田先生にもご登場いただき、
今日の作品に隠された意味をお話いただきました。
手前の小さな箱は昔の旅枕。
枕にいけられた水芙蓉の花は、朝には白く、夕には桃色にかわります。
そこに恋心を表現しているのだとか。

ikebana07.jpg

最後は伍芳さんと劉一さんのデュオ。

さて、このコンサートでは当館で2度目の企画
「コンサートを聴いて一句詠んでみよう」ということで
終演後に俳句の募集を行いました。

このほど優秀作品が決定!発表します。

優秀作品(3作)

笛を吹く顔(かんばせ)にある秋思かな         今泉満子
鳥渡るシルクロードに古箏の音(ね)          林石根
良夜まつ空駆け登る笛の音ぞ              下山貢男


佳作(6作)


笛の音に我古(いにしえ)の月を見る          瀬古佳子
月待ちの恋は遠くになりにけり             田中寿美
古箏の音上弦の月眺めつつ               加納興亜
偲ぶれば月もさやけく絹の道              後藤宏子
墨絵にてうつしとりたや箏の秋            後藤哲彦
月満ちる遠(と)つ平原(はら)を瞼(め)に笛を聴く  片桐彬子


選者:宗次ホール
監修:馬場駿吉

ikebana08.jpg

ゆったりと時が流れるコンサートでした。
ご協力をいただきました石田流華道会の皆様、ありがとうございました。

(スタッフ/にしの)
関連記事

0 Comments

Post a comment