flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

チケットセンター窓口さまざま

Category宗次ホール・トピックス
お客様と直接お話をする機会が一番多い
チケットセンター窓口
(略して、チケセン)。
たくさんのお客様と音楽に限らずいろいろなお話が出来るなど
面白い事が色々あります。

たとえば1月19日、大野若菜さんのヴィオラを聴いた帰りがけ
窓口へ「と~っても、よかったよ!!」と感動を伝えに寄って下さった、常連様。
なんと、去年は109回のコンサートに出かけたそう。
しかも、携帯には
「いつ・どこ・誰のコンサート・聴いた感想、そして点数!!」
までもが記録をされてました。
そして、今日のコンサートには、かなり高得点の評価を付けて見せて下さいました。
ありがとうございます。(ぜひ、ブログにして頂きたいくらいの感じでした。)
コンサートに満足頂けてうれしいのと同時に、
109回とは、うらやましいかぎり・・・です。

そして、次に多いのが、
予約のお電話の際、電話口の向こうにクラシックが流れているお客様。
これ、本当に多いんですよ!
何の曲か分かるくらいの大きさで聞こえたりも。
中には、「後ろで誰か弾いてますよね・・・レッスン中? 先生? 大丈夫ですか?」
と想像が膨らみ始めてしまうぐらい
リアルな生音が流れてたりします。

それから・・・まだ続きますよ。

たくさん予約しすぎていて
もはやいくつ予約しているのか、「???」のお客様。
でも、すぐにご購入履歴をお調べして分かりますので、ご心配なく。
こちらも、うらやましい。
私も今年はどれだけ予約したか分からないくらい
コンサートを聴きに行きたいですね。

こんなことも、あります。
たまに、窓口には「え~!!」と言う演奏家さんが 
それこそ他ホールの演奏会のついでに、
宗次ホールにご挨拶にふらり~と寄られることもあります。
私なんかは、内心「おぉ~!」と思いつつ・・。とりあえず落ち着いてご対応。
以前もふらっと寄られた有名な演奏家さんが窓口にいて、
周りのお客様がお気付きになって「!!!」となってることがありました。
コンサートにもお客様に混じって、
実は、演奏家さんが聴きに来たりしてる時もあります。
たまに、そんなこともありますので、
窓口や客席で、ちょっと周りを気にしてみてくださいね。

まだまだありますが、
長くなりそうなので・・・。

皆様に一番近い窓口。
チケセン一同、お待ちしております。

DSC_0977.jpg

※もうすぐ節分。よくホールにいらっしゃる豆菓子専門のお菓子屋さんの社長さんから
 たくさんの豆と鬼のお面をいただきました!
 皆様をこのお面をかぶってお迎え・・・することは有りませんのでご安心を。



(スタッフ/やすえ)
関連記事

0 Comments

Post a comment