flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

第3期 広め隊 新規講座開講♪

Category宗次ホール小ネタ
4月24日ランチタイム名曲コンサート終了後、昨年から始まった
宗次ホールならではの「クラシック音楽広め隊」(詳しくはこちら)

第3期隊員様向けの無料講座ですが、これまでの2種類に新たに
知ればナルホド面白い「コンサートができるまで」
が加わり、その第1回が開催されました。

講師 レジュメ
本日の講師役(宗次ホール企画担当:日比美和子)と手作りレジュメ


第3期になり、新設されたこの講座は「1つのコンサートをゼロの状態から
どういう経緯を経てお客様の耳にお届けするか」
をテーマに

演奏家・事務所さんとの交渉
  ↓
告知準備
  ↓
販売準備
  ↓
広報活動
  ↓
当日の準備
  ↓
当日のコンサート運営

まで順を追ってお話するもの。と言っても、堅苦しい講義ではなく

この積み上がったチラシは、
スタッフ内では、
「チラシタワー♪」と呼んでます。とか

チラシタワー


チェンバロの調整の際に、「そろばんすべらしこ?」 なんてものを使うよ、とか。

アンコール曲名が分からない時は、舞台袖からステージを見る小さい小窓から
ステージ中央におかれた楽譜を
「見えて〜」と願いながら覗いています。
などなどのお話を織り交ぜながら楽しく進みます。

ホールの座席に座って、アンコール曲を楽しんでいるときに
すぐそこの舞台袖からは小窓を覗くスタッフが1人。
「見えるか? 見えないか〜?と焦っている姿を想像すると
思わず、「くすっ」と笑ってしまいますね。
※いつもではなく、ほんのたまにとても珍しい曲がアンコールに演奏された時に限ります。(念のため)


宗次ホールは、個人所有のホールという事もあり
他ホールさんとはスケジュールや方法などあらゆる面で異なる部分が多いのでは?
と思われる部分があり、

「実は、本来このキャパのホールでは呼べないような
凄いアーティストが来演することも!!」

その理由は?

「モノクロの号外のようなチラシが配布されているのはどんな時?」
ここに、コンサートを選ぶヒントあり!!

「コンサートのこんな選び方」
初心者だから、演奏家の名前だけではわからない、そんな時は何を手がかりにすれば?

宗次ホールならでは
コンサートを今よりもっと楽しむための
情報がふんだんに盛り込まれた内容となりました。


講座後半には、
コンサートを選ぶ際のヒントになるチラシの読み解き方
その中でも、プロフィール中に出てくる「コンクールの受賞歴」について
世界各地で行われるコンクールの中でも、歴史も権威もある代表的な
コンクールを過去受賞者の音源を聴きながらご紹介。
それに合わせ、受賞者の宗次ホール来演情報もお伝えしました。

1つでも、2つでも「聴きに来てみようかな?」と思う
コンサートを見つけてもらえれば嬉しい限りです。
チラシ拝見
講座終了後、お話に出てきたコンサートのチラシを手にとる受講者様

♪講座受講者様のアンケートより♪
・何を聴いて良いのか分からず、名古屋へ来る用事のある日にコンサートに
 参加していましたが、これから視点を変えて参加します。
・宗次ホールならではの企画の強みが分かりました。
・企画担当者さんの音楽への愛情を感じました。
・楽屋でカレーの出前が取れるという話を聞いたら
 カツカレーが食べたくなりましたので、帰りに寄ろうかな〜


この講座の次回は、6月22日(日)「舞台袖・ステージマネージャー」
にスポットをあて舞台転換や、調律の裏話などのテーマを予定しております。

ほかにも5月には「宗次ホールの音響の秘密を探る」と題して、
ホールの音響設備についての講座もあり、
4月に続いて、「歴史と作曲家の人生から紐解くクラシック音楽」のシリーズも
第4回以降、隔週のペースで進んでまいります。

今期広め隊の隊員様、
そしてこれまでに隊員を務め引き続き「サポート隊員」となっている方々は、
特典のひとつとして、是非足をお運びいただければと思います。
(今期からは、隊員以外の同伴者1名様のご参加OKです。)

(スタッフ/かわしま)
関連記事

0 Comments

Post a comment