flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

K&Yのホール事務所の片隅で[お食事付きコンサート編]

Categoryホール事務所の片隅で
ある日の早朝、ホール事務所の片隅で囁かれた企み…。
それは何かと言うと、このブログのページで
K(スタッフ かわしま)&Y(スタッフ やすえ)の「空気を読まない2人」による
スタッフトークを勝手に公開してしまおう。という企みです
※ 注 クラシック音楽に関しては、初心者の2人です。
 必要な〜い方は、読み飛ばしていただければと思います。

さて、さて、第1弾からあっと言う間に1ヶ月が過ぎ
今回はどんな会話がささやかれているでしょう?


Y そういえば、「音楽学校(=2月8日開催 大人の音楽学校第5時間目
あなたの知らないショパンの素顔)」
どうでした〜⁉

私は事務所であれこれしてるうちに、前半が終わり、、、、
あっという間に終演
気づけば終了のご挨拶に事務所に立ち寄られた
解説の松本さん&演奏者が目の前に…。だった(u_u)


K 当日は、YMO※で開演5分前まで、チケットもぎりをしてから駆け込みました〜
バタバタでしたが、初めから聴けたので堪能したよ。(※チケットもぎりカウンターの事。
Y=ようこそ M=宗次ホールへ O=お越し下さいましたの意味。 宗次オーナー自ら命名)
松本さん 演奏写真
ピアノの大田さんは、1曲目のエチュード「革命」から座るとすぐにサラッと弾き始めて
ひと呼吸とか、ためてからとかないんだ〜。と一瞬あっけにとられちゃいました。
でも、聴きごたえたっぷり、そして美しい曲が多いこと。

ショパンの人生の「ここ」って所の解説を聴きながら演奏も。
となると駆け足で「あっ」という間なんだけど
ショパンって、なんてオリジナル、唯一無二の人だったんだろう。って、、、、
何とも言えない余韻に浸ることができました。
それは、松本さんの作曲家への熱い思いが伝る語りがあってこそだったな〜。

熱い想いがこみ上げすぎて思わず「ぽろっと」なんて場面も。
お帰りの際には、「次回は我慢します!」とちょっぴり、恥ずかしそうでした。


ところで、Yはランチ&クラシック行ってる?
私、「音楽学校」の次の日に久しぶりに利用したよ。
日頃慌ただしくお昼ご飯を食べてるから
たまには、ゆっくりとお昼ご飯ってい〜いよね〜
メインは、コンサートなのか?お食事なのか!?なんて事はさておき。

一緒に行った友達も(小学生2人&中学生1人を持つ働くお母さん
「久しぶりにゆっくり〜!プチ贅沢。いいね〜。」と、かなりご満悦でした。
毎日忙しくしてる人にも、このお手頃&プチ贅沢味わってほしいな〜。




Y  滑り込みセーフ!!(笑)スタッフだからできる技。
(みなさまは、真似をしないで、どうぞ余裕をもってお越しくださいね。)

それに、お食事付のランチ&クラシックも行ったんですか?
そうそう、今年からセットのお値段が、少しずつ(100円~200円)アップしたにも
かかわらず、セット利用のお客様、増えてますね。有りがたいこと
先日、みえたお客様は、“ル・タンブル”がお気に入りのようで
「セットプランで必ず、月に1回このメンバーで行くのよ〜」
「美味しいし、ゆったりしたお席で、のんびりくつろげるのが好き」って。
なんだか、とっても居心地がいいみたいよ。
お食事が終わると、次の月のスケジュールをみんなで相談して
そのまま、ホールに戻って次のご予約をされていくの。



K そうなの。私まだ利用してみた事がないんだけど
「そこが1番好き!!お店の子達も感じがいいし〜。
押し付けがましくないんだけど、気が利くのよ。」って
聴いたことがあって、なかなか評価が高いのよね〜。
スタッフさん方のお仕事ぶりも、見習いたい所。
次こそは。と狙っています

 
 

Y そうそう、今年から「木曽路」さんもセットができるようになったんだよね。
私、先日行ってきました。
ここもね、とってもオススメ。



K もしかして、この日の事?
「最終面接(重役)面接?!」のようなこんな写真が届いているよ。
面談写真
どんなだったの〜????    〈つづく〉



関連記事

0 Comments

Post a comment