flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

10/18 マリアンナ・シリニャンさんからのメッセージ

Categoryコンサートのご案内

10月18日のスイーツタイムコンサートに出演される

マリアンナ・シリニャンさんからの

メッセージが届いたようです!







シリニャン

「最初の一音から聴衆は息を呑んだ」 ダーグブラーデット紙 (スウェーデン)

マリアンナ・シリニャン ピアノ

10月18日(火) 13:30開演 2000円 [自由(一部指定2200円)]


シリニャンちらし裏


「心の中の音楽まで禁じることはできないので」との言葉が、

とても心に残りました。。。



尚、マリアンナ・シリニャンさんの記事は、

ぶらあぼ9月号(8月18日発行)「Pick Up」にも掲載されています。

http://ebravo.jp/digitalmagazine/bravo/201609/20160818/#page=80



マリアンナ・シリニャンさんから、ビデオメッセージ♫

こちらもぜひ、ご覧くださいませ♫








●~バラード第3番についてシリニャンより~
『ショパンを学び始めた最初の頃、この曲によって幻想的なショパンの世界への扉が開かれました。この曲はアダム・ミッキエヴィッツの詩「水の精(オンディーヌ)」から着想を得たとされています。一人の少年と美しい水の精との哀しい物語で、作品の核には得も言われぬ魅力と温かみが凝縮されており、また同時にアイロニーも含んでいます。
弾く度に発見があり、異なる面からのアプローチができる曲です。ショパンによるバラード全4曲のうち唯一、長調で締めくくられるこの曲のポジティヴな精神が私はとても好きです。』

『マリアンナ・シリニャンの演奏は、数年前に準・メルクル指揮ヘルシンキ・フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会で初めて聴きました。公演ではモーツァルトのピアノ協奏曲K.488と、その曲へのオマージュとして作曲された私のピアノ協奏曲『月夜の蓮』の2つの協奏曲が、彼女のピアノで上演されました。マリアンナのピアノは、とてもエレガントであると同時に豊かなダイナミズムにもあふれていて、その豊かな音楽性としっかりとした技術に深く感銘を受けました。モーツァルトは、ピアノが自在にどこまでも典雅に歌われており、たまに即興的なパッセージが宝石のように煌めきます。また私の作品では、極めて繊細な表現で、彼女が心の奥で感じている音楽が直接的に聴衆に伝わってきます。舞台姿も美しく、ほんとうに素晴らしい素敵なピアニストです。』・・・細川俊夫(作曲)








チケットは、宗次ホールチケットセンターまでお電話で♫

☏ 052-265-1718 (営業時間 10:00~18:00 )


チケットぴあ等、各プレイガイドでも好評発売中です。

(チケットぴあ、名鉄ホールチケットセンターはインターネットでのご購入も可能です)。

チケットぴあ :0570-02-9999   Pコード:301-104

♫ 愛知芸術文化センタープレイガイド:052-972-0430

♫ 栄プレチケ92(旧三越(栄)プレイガイド):052-953-0777

名鉄ホールチケットセンター:052-561-7755



毎日つぶやいています♫

当日券情報など、宗次ホールの「いま!」はツイッターで♫

宗次ホールツイッター


企画担当が宗次ホールの公演を上から下から表から裏から、写真でレポート♫

FACEBOOKはこちら♫

宗次ホールfacebook



(宗次ホール まつの)


関連記事

0 Comments

Post a comment