flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

弦楽四重奏コンクール Blossom Quartet(ブロッサム クヮルテット)へのインタビュー

Category宗次ホール弦楽四重奏コンクール
2016年9月に行われた第3回宗次ホール弦楽四重奏コンクール。
2日間のマスタークラスのあと、3日目に本選が行われました。
本選で演奏した各カルテットに、演奏の直後に舞台裏でお話を伺いました。
その様子を、8回にわたってお伝えします!

本日ご紹介するのは、
Blossom Quartet(ブロッサム クヮルテット)
の皆さんです。



Q.演奏が終わって、今はどんな気分ですか?
A.楽しく演奏できました。


Q.ハイドンはどうでしたか?
A.とにかく楽しかったです。特に3楽章は、初めて4人でワルツが意識できました。
私たちは組んだばかりのカルテットで、このマスタークラスを受けるために集まったんです。
他の方々に比べて本番の数も多くないんですが、
今日は伸び伸び楽しく弾ければ、それがお客様にも届くんじゃないかと思って演奏しました。



Q.トップバッターでしたが?
A.それが逆に良かったです。朝の空気感が、ハイドンの出だしにぴったりだと思って弾いていました。


Q.フォーレはどうでしたか?
A. 他のカルテットがしっかりした曲を演奏する中で、唯一のフランスもので、耳馴染みという点では不安でしたが、美しい響きと4つの音の対話を楽しんでいただけたのではと思います。


Q.マスタークラスはどうでしたか?

A.あっという間の2日間で、充実でした。
3人の先生方のレッスンが新鮮でした。
自分達が考えながら、決めながら練習してきて、
その状態でレッスンを受けられたということがカルテットにとって本当にありがたい体験でした。
スタッフの方々あっての3日間だったと思います。
どうもありがとうございました。
関連記事

0 Comments

Post a comment