flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

11/8 大人の音楽学校 13時間目:リード・オルガンよ永遠に

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から

本日のスイーツタイムコンサートは

好評のレクチャーコンサートシリーズ「大人の音楽学校」の13時間目。

テーマはオルガン。


リードオルガン1


それも昔学校や教会にあった懐かしい「足踏みオルガン」。

正式には「リードオルガン」と言いまして、

「パイプオルガン」とは別物です。


日本の音楽文化の発展に寄与したこのリードオルガンですが、

昭和50年代に国内メーカーは製造を中止し、今や絶滅危惧種。

今回はそんな貴重な楽器をお借りしてまいりました。


演奏はこの楽器の所有者、オルガニストの加藤千加子さんと、

声楽家の高岡美千代さんです。

ヤマハもカワイもオルガンの修理と製造から会社の歴史が始まり、

全国の小学校ではオルガンの伴奏で子供達が歌いました。

日本の文化に浸透し、

そして今や表舞台から去ろうとしているオルガンの物語を、

ご自身もオルガニストで、楽器の修理や研究も行われている相田南穂子さんをお招きして、

じっくりと解説していただきます。

これは単なる楽器のお話ではなく、

日本人の音楽の原点を振り返る機会・・・

になるかもしれません。

(公演前の公式facebook記事より)




本日のスイーツタイムコンサート、

「大人の音楽学校 13時間目:リード・オルガンよ永遠に」が終演。


リードオルガン2



リードオルガン3



リードオルガン4


空気を送り込んで音を出していると思いきや、

実は《ふとん圧縮袋》のように空気を吸い出すことで音を鳴らしていた、

というオルガンの豆知識から、

海外由来の曲が日本で唱歌になってどうなったかの聴き比べ・・・など、

盛りだくさんの内容でした。


リードオルガン5


終演後はごらんのとおり、舞台にお客様にあがっていただき、

まじかでオルガンを(その内部構造まで)ごらんいただきました。


このオルガン、

明日のスイーツタイムコンサート「コーラスユニット CoCoRoni」の公演でも活躍します。

それにしても、ただ聞いているだけで心がほぐれるような、幸せな音色です。


(注:この記事は、11月8日当日に公式facebookにアップされたものです)。






チケットは、宗次ホールチケットセンター窓口 or お電話で♪

☏ 052-265-1718




スイーツタイムコンサート、リサイタルのチケットは、

チケットぴあ等、各プレイガイドでも好評発売中です。

(チケットぴあ、名鉄ホールチケットセンターはインターネットでのご購入も可能です)。

チケットぴあ :0570-02-9999 

♫ 愛知芸術文化センタープレイガイド:052-972-0430

♫ 栄プレチケ92(旧三越(栄)プレイガイド):052-953-0777

名鉄ホールチケットセンター:052-561-7755



毎日つぶやいています♫

当日券情報など、宗次ホールの「今!」はツイッターで♫

宗次ホールツイッター


企画担当が宗次ホールの公演を上から下から表から裏から、写真でレポート♫

FACEBOOKはこちら♫

宗次ホールfacebook


(宗次ホール まつの)



関連記事

0 Comments

Post a comment