flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

宗次ホールの目玉企画、まもなく始動・・・!

Categoryコンサートのご案内
ヴィルトゥオーゾ・・・。
完璧な演奏技巧によって困難をやすやすと克服できる、卓越した演奏能力の持ち主に対する賞賛の言葉です。
やがて「ヴィルトゥオーゾ」と呼ばれゆくであろう可能性を秘めた若き才能を紹介する新シリーズ、
それがピアノリサイタルシリーズ『未来のヴィルトゥオーゾ』です。

今日は、宗次ホール主催の新シリーズ、ピアノリサイタルシリーズ『未来のヴィルトゥオーゾ』をご紹介いたします。

先日、このシリーズのVol.2に出演する、「吉永哲道」さんが新聞社の取材のため、ホールを訪れました♪

吉永哲道インタビユー 003
記者の方の『どういうピアニストになりたいですか?』という質問に対し・・・

『音楽を通して“人が生きる意味”を語ることができるピアニスト』と答えた吉永さん。

・・・シブ過ぎます!


最後にピアノの前で写真を撮らしてもらおうと一緒にホール内へ向かうと・・・吉永哲道インタビユー 005
無言のまますぅーっとピアノの前に座り、ピアノを弾き始めました。ステキっ!!

約10年間ロシアに住んでいた吉永さんは、最近帰国したばかり。
日本でのソロリサイタルは、今回の宗次ホールが初めてであり、
実質的には国内デビュー!ということになります。


ではここで、この『未来のヴィルトゥオーゾ』に関する情報です。

記念すべき第1弾は16歳にして小澤征爾と共演を果たした『中野 翔太』
08中野翔太 写真B
2月20日(金)18:45開演
■チケット全自由席 一般:3,500円/友の会:3,000円/学生:2,000円
■曲目  
バーバー:ピアノソナタ シューマン:幻想曲、アラベスク 
ラヴェル:水の戯れ、亡き王女のためのパヴァーヌ
公演チラシ→http://www.munetsuguhall.com/info/2009/02/20090220.pdf


Vol.2は今回インタビュー取材に応えてくれた『吉永 哲道』
3月27日(金)18:45 開演
■チケット全自由席 一般:3,500円/友の会:3,000円/学生:2,000円
■曲目
ラフマニノフ:コレルリの主題による変奏曲Op.42 ラフマニノフ:前奏曲集Op.32より  
プロコフィエフ:ピアノソナタ第7番 Op.83 他
公演チラシ→http://www.munetsuguhall.com/info/2009/03/20090327.pdf


Vol.3はオールショパン・プログラムで臨む『若松 成』
成 08年12月
4月10日(金)18:45 開演
■チケット全自由席 一般:3,500円/友の会:3,000円/学生:2,100円
■曲目 ?オール・ショパン・プログラム?
夜想曲より 作品62-1、2  即興曲集(全4曲)  ポロネーズ第7番 作品61「幻想ポロネーズ」
ソナタ第3番 作品58
公演チラシ→http://www.munetsuguhall.com/info/2009/04/20090410.pdf


Vol.4は現役高校生(現在愛知県立明和高校音楽科2年)で名古屋初リサイタルの『北村 朋幹』
kitamura.jpg
5月23日(土)18:00 開演
■チケット全自由席 一般:3,000円/友の会:2,500円/学生:1,800円
■曲目   
A.ペルト:アリーナのために  アリヌーシュカの癒しに基づく変奏曲  J.S.バッハ:3つのメヌエット/幻想曲とフーガイ短調BWV.944  武満徹:雨の樹 素描?ーオリヴィエ・メシアンの追憶にー  F.ショパン:舟歌 嬰ヘ長調Op.60  G.クラム:マクロコスモス第1巻(黄道十二宮に因む12の幻想小品)より  J.シベリウス:5つのエスキースOp.114  リスト:2つの伝説
公演チラシ→http://www.munetsuguhall.com/info/2009/05/20090523.pdf


このように、可能性を秘めた若き才能を紹介するこのシリーズ。

大きなホールで超一流の演奏を聴くのも素晴らしいですが、

時には、
ステージとお客様の距離が近く、
演奏家の息づかいまで聴くことの出来るこの宗次ホールで、

若きアーティストのフレッシュな演奏にゆっくり耳を傾けるのも
いつもとは違う感動を味わうことができて良いのではないでしょうか。

まだ宗次ホールを知らない方にとっても
ホールの良さを実感していただくよい機会でもあると思います。

チケットのお申込み・問い合わせは
宗次ホールチケットセンター:052(265)1718 (営業時間/10:00?18:00)


皆様のご来場を心よりお待ちしております。


                                                   (スタッフ/つ)





関連記事

0 Comments

Post a comment