flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

12/6 ギターと歌うスペインと日本のうた

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から

スイーツタイム コンサート「ギターと歌うスペインと日本のうた」。


ロンドンを中心に活躍するメゾソプラノ歌手 谷本綾香さんと、

スペインのギタリスト、そして作曲家としても活躍中のホセ・マリア・ガジャルド・デル・レイさんのデュオ。

二人の奏でる何ともエキゾティックで官能的てすらある歌の世界にメロメロになってしまいます。

強烈。

抗えない魅力。


15350592_1330527360333603_3189194166932027831_n.jpg


出演した谷本綾香さんとホセ・マリア・ガジャルド・デル・レイさん二人のデュオとしての初CDのリリースを記念する意味合いも兼ねたコンサート。



15401098_1330527423666930_2433170197452204175_n.jpg


最初の「さくら変奏曲」は、日本の「さくらさくら」の旋律にインスピレーションを受けてガジャルドさんが作曲したものですが、これが変幻自在。

単なる変奏曲にとどまらず、歌詞もまた日本語、スペイン語、英語を行き交います。


続いては「荒城の月」と「小さな空」と日本語の歌、そしてさらに有名な「鳥の歌」を含む、スペインの古い民謡をガジャルドさんがアレンジした歌曲と続きます。


15356654_1330527363666936_8740266524531254526_n.jpg


後半はガジャルドさんの自作のみ。ギターソロに続いて「人生の歌曲集」。

これも民謡風だったり、ちょっとフラメンコや、ボサノバの要素を感じる素敵な作品。



15390988_1330527430333596_482058389570124378_n.jpg


谷本さんの艶っぽくちょっとハスキーな歌声と相まって、素敵な午後のひと時となりました。



15400540_1330527367000269_5836380977930390701_n.jpg




そういえば今日ガジャルドさんが弾いていたギター。

側面にも穴があいてました。こういうのは初めて。

弾いている自分にもよく音が聞こえるように、ということらしいんですが。


15380696_1330539946999011_5410114894728066894_n.jpg




15380796_1330539943665678_6570523384655573373_n.jpg




宗次ホール公式facebook より)











宗次ホールでのコンサートチケットは、

宗次ホールチケットセンター窓口あるいはお電話で♫


☏ 052-265-1718
(営業時間 10:00~18:00 )



チケットぴあ等、各プレイガイドでも好評発売中です。

(チケットぴあ、名鉄ホールチケットセンターはインターネットでのご購入も可能です)。

チケットぴあ :0570-02-9999

♫ 愛知芸術文化センタープレイガイド:052-972-0430

♫ 栄プレチケ92(旧三越(栄)プレイガイド):052-953-0777

名鉄ホールチケットセンター:052-561-7755



毎日つぶやいています♫

当日券情報など、宗次ホールの「今!」はツイッターで♫

宗次ホールツイッター



企画担当が宗次ホールの公演を上から下から表から裏から、写真でレポート♫

FACEBOOKはこちら♫

宗次ホールfacebook


(宗次ホール まつの)



関連記事

0 Comments

Post a comment