flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回宗次ホール弦楽四重奏コンクール Le Bois Quartet(ルボワ カルテット)へのインタビュー

Category宗次ホール弦楽四重奏コンクール

2016年9月に行われた第3回宗次ホール弦楽四重奏コンクール。
2日間のマスタークラスのあと、3日目に本選が行われました。
本選で演奏した各カルテットに、演奏の直後に舞台裏でお話を伺いました。
その様子を、8回にわたってお伝えします!

本日ご紹介するのは、
Le Bois Quartet(ルボワ カルテット)
の皆さんです。




Q. 演奏が終わって、いかがですか?
A. 短かったです。あっという間でした。(4人とも)あっという間でした。

 

Q. ハイドンはどうでしたか?
A. すごく集中してました。集中力が切れないように…、演奏中に暑くなってきたし…

 

Q. 本番が終わってどうですか?
A. お客様が、好きで聴きに来ている方が多いなって感じて、とても温かかったです。こちらも弾きやすく、のびのび弾けました。

 

Q. 思う通り自分達の力を出せましたか?
A. それは、まぁ、別の問題というか(笑)

 

Q. マスタークラスの2日間はどうでしたか?
A. あと2日間くらい欲しい! あと2回ずつくらいレッスンを受けたいです。
僕らはドヴォルザークのアメリカを弾いたんですが、レメシュ先生のレッスンがとても参考になりました。チェコならではの、本場の言葉がいっぱい聞けて、本場の感じを伝えていただいて、表現の引き出しが増えました。

 

Q. コンクール前後でどう変わりましたか?
A. 僕らはいつもわりと、テンポをちゃんとしなきゃという意識が強かったですが、それをいい意味で壊してくれました。縦の線を意識するばかりじゃなく、自由に表現していいんだっていう…、勇気がいることですけど、それを教わりました。





ルボワ カルテット

 

 

【プログラム】

ハイドン:弦楽四重奏曲 ニ短調 作品76-2;Hob.Ⅲ-76
ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲 第12番 ヘ長調 Op.96「アメリカ」

 

【メンバー】

金谷 寧々 かなや ねね (ヴァイオリン)
宇佐見 優 うさみ ゆう (ヴァイオリン)
山内 佑太 やまうち ゆうた (ヴィオラ)
兵藤 雅晃 ひょうどう まさあき (チェロ)

 

2015年4月、愛知県立芸術大学の学生4人で結成。室内楽を花崎薫、小林道夫の各氏に師事。「Le Bois」はフランス語で「小さな森」の意で、季節によって様々な表情を見せる自然豊かなキャンパスをイメージしている。ヴァイオリンは曲ごとに交代制をとる。現在メンバーは弦楽器コース3年次在籍。

 


関連記事

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。