flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

第3回宗次ホール弦楽四重奏コンクール Quartet ame(エイム弦楽四重奏団)へのインタビュー

Category宗次ホール弦楽四重奏コンクール

2016年9月に行われた第3回宗次ホール弦楽四重奏コンクール。
2日間のマスタークラスのあと、3日目に本選が行われました。
本選で演奏した各カルテットに、演奏の直後に舞台裏でお話を伺いました。
その様子を、8回にわたってお伝えします!

本日ご紹介するのは、
Quartet ame(エイム弦楽四重奏団)
の皆さんです。



Quartet ame(エイム弦楽四重奏団)


 

Q. お客様からブラボーがでたのは本日2組目です。
A. やったー、嬉しい!! 我ながら、チャイコの2楽章は、良かったよね。
(4人で)ウンウン。

 

Q. 終わって、率直な感想をお聞かせください。
A. マスタークラスがすごく良かったです。内容がすごく濃かった。もっと受けたいです。
先生の発想が日本人っぽくなくって、自分達は日本人だなぁって思いました。西洋を弾いているのに、がっつり日本人の枠にとらわれてました。はみ出ちゃダメとか。自分たちで考えてやってるつもりだったけど、全部、中途半端だったんだなと。
本番をこんなにアグレッシブにできたのは初めてで、全部が楽しかったです。全力でフォルテをして、全力でピアノをしたのは初めてです。限界を突破しました。いままでやってたつもりだったけど、真面目真面目だったんだと今は思います。
外国の方を見ていたら、楽譜じゃなくてみんなで目を合わして、笑いあったり、音で会話したり、こう行ったらこう来てくれるみたいな、そういうの羨ましいなって思ってたんですけど、今日は、それに、ちょっとだけ近づけた感じ。殻を突破した感じです。

 

Q. マスタークラスの収穫は?
A. 自分達の弱点をどう超えていくべきなのか、なんとなく私達なりの答えはあったんですが、3人の先生に教えていただいたことによって、改めて色々なことに気づかされました。見えない暗闇だったけど、ちょっと光がさした感じがします。
先生方が、否定ばっかりじゃなく、褒めてくださったから、もっと頑張ろうって思います。これでいいんだ、さらにこれをがんばろう、って思えました。

 

Q. この3日間で、4人の仲は深まりましたか?
A. ですかね~(苦笑)
いま3年目なんですけど、当初に比べたら、3歩ぐらいは成長したかなって思います。スタッフの皆さまがサポートしてくださったおかげで、3日間音楽に集中できて、とてもいい経験になりました。ありがとうございました。

 

 




エイム弦楽四重奏団

 

 

【プログラム】

ハイドン:弦楽四重奏曲 ロ短調 作品33-1;Hob.Ⅲ-37
チャイコフスキー:弦楽四重奏曲 第1番 ニ長調 作品11

 

【メンバー】       

柴田 夏未 しばた なつみ (ヴァイオリン)
小西 果林 こにし かりん (ヴァイオリン)
江川 菜緒 えがわ なお (ヴィオラ)
西村 まなみ にしむら まなみ (チェロ)

 

2014年4月結成。2015年TAMA音楽フォーラム主催、ライプツィヒ弦楽四重奏団の公開レッスンを受講。第18回長江杯国際音楽コンクールアンサンブル部門大学の部第3位(1位なし)。第16回大阪国際音楽コンクールアンサンブル部門第3位(2位なし、日本人最高位)入賞。同年ルッツ・レスコヴィッツ氏の公開レッスンを受講。豊嶋泰嗣、中島悦子、上村昇、上森祥平の各氏に師事。

 






関連記事

0 Comments

Post a comment