flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

第3回 宗次ホール弦楽四重奏コンクール ロリエ弦楽四重奏団へのインタビュー

Category宗次ホール弦楽四重奏コンクール

2016年9月に行われた第3回宗次ホール弦楽四重奏コンクール。
2日間のマスタークラスのあと、3日目に本選が行われました。
本選で演奏した各カルテットに、演奏の直後に舞台裏でお話を伺いました。
その様子を、8回にわたってお伝えします!

本日ご紹介するのは、
ロリエ弦楽四重奏団
の皆さんです。



ロリエ弦楽四重奏団


 

Q. 演奏が終わって、どうでしたか?
A. 我々お金がないので、普段全然響かないところでしか弾けなくて、なんにも聴こえないホールでしか弾けなくて、それなのに今日はこんなに響くホールで弾けて、それが良かったです。

 

Q. レッスンのどういうところが良かったですか?
A. 自由なんですよね。ナイスジョーク!とか飛んできちゃって。我々のやってきたことを尊重してくれて、CDのとおり弾かなきゃ、みたいな感じはないんです。

 

Q. 4人ともいつも楽しそうな印象を受けました。
A. このメンバーでやるのは楽しいです。
アルバンベルグは4人で家を買っちゃったとか言いますけど、我々はそれはちょっとごめんだけど、今回4人で民泊みたいなところに泊まってたんですが、普段話さないようなことを話せて、良かったです。

 

Q. 今後に向けてひとことお願いします。
A. まずは解散しないことですね。続けることが大事です。せっかく何年も続いてきたんで。
無病息災で。家内安全で(笑)。早めにリハ日程を送るとか。譜読みをするとか。鉛筆は持ってくるとか。人は褒めようとか。褒めて伸ばそうとか。そんな感じです!





ロリエ弦楽四重奏団

 

 

【プログラム】

ハイドン:弦楽四重奏曲 ト長調 作品76;Hob.Ⅲ-75
バルトーク:弦楽四重奏曲 第3番

 

【メンバー】

知見寺 武 ちけんじ たける (ヴァイオリン)
迫田 圭 さこだ けい (ヴァイオリン)
池田 開渡 いけだ かいと (ヴィオラ)
細井 唯 ほそい ゆい (チェロ)

 

2009年、東京音楽大学弦楽器専攻の知見寺武、迫田圭、横畠俊介、堀江牧生により結成。同年、木山光「弦楽四重奏曲2番」の初演を行う。2010年、日暮里サニーホールにて初単独公演。2010年から2016年まで毎年、自主企画による演奏会を東京、神奈川、北九州 等の各地で行う。アルディッティ弦楽四重奏団のマスタークラスを受講。プロジェクトQ第10章に参加。

 





関連記事

0 Comments

Post a comment