flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

おすすめ公演情報 2017年1月 (2) 1/21 山本貴志 ピアノリサイタル

Categoryコンサートのご案内

「聴き手をその作品の内奥へと 一気に引き込んでしまう強い引力」 

伊熊よし子 山本 貴志 ピアノ




2016年3月にヴィオラのエイドリアン・ラ・マルカさんとの共演で来演されて以来、

そして5年半ぶりのソロ・リサイタル!


ショパン作品も多く組まれたプログラムであることから、

2005年にショパン国際ピアノコンクールで受賞されたときのことが思い出されます。

この時の山本さんはまだショパン音楽院3年に在学中。

睡眠・食事・練習と全てしっかりとれた為、

殺伐としたコンクールというよりもちょっと豪華な演奏会の様だったと振り返ります。

緊張感が高まるコンクールの場でもこんな自然体を保つことができる山本さんは、

やはりコンクールの時も非常に人気があり、終演後の楽屋はいつもファンで溢れていたそう。

ショパンは、好きという感情を超えて、自分に不可欠と表現される山本さん。

ショパンの“メランコリックでか弱い”という印象は真逆のもので、

実は芯が通っていて頑固、融通が利かない性格だったのではないか、と分析されます。

それは曲を弾いていても曖昧なところが一つもないから。

練習をしている時にも、

ショパンの作品こそが自分の心の状態をひとつひとつ拾って反応してくれるので癒されると仰います。  

先のロジェさんの考えとも重なりますが、

山本さんも小学3年生の頃から当時の先生に「ピアノの前に座って弾くだけでなく、

美味しい物を食べたり、綺麗な物を見たり、

旅行に行ったりすることによってピアノの音も変わってくるから、色々な経験をして下さい」

と教わったそう。 感受性豊かなショパンとラフマニノフをどうぞお楽しみください!





山本貴志ピアノ(表)


山本貴志ピアノ(裏)




山本貴志 ピアノリサイタル


1/21(土)  18:00開演  17:30開場

一般3,500円  学生2,100円      [指定]




宗次ホールでのコンサートチケットは、

宗次ホールチケットセンター窓口あるいはお電話で♫


☏ 052-265-1718
(営業時間 10:00~18:00 )




チケットぴあ等、各プレイガイドでも好評発売中です。

(チケットぴあ、名鉄ホールチケットセンターはインターネットでのご購入も可能です)。

チケットぴあ :0570-02-9999    Pコード:312-800

♫ 愛知芸術文化センタープレイガイド:052-972-0430

♫ 栄プレチケ92(旧三越(栄)プレイガイド):052-953-0777

名鉄ホールチケットセンター:052-561-7755





毎日つぶやいています♫

当日券情報など、宗次ホールの「今!」はツイッターで♫

宗次ホールツイッター



企画担当が宗次ホールの公演を上から下から表から裏から、写真でレポート♫

FACEBOOKはこちら♫

宗次ホールfacebook



関連記事

0 Comments

Post a comment