flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

おすすめ公演情報 2017年3月(1) フランシスコ・フラナ ヴァイオリンリサイタル

Categoryコンサートのご案内

正に“完璧”な演奏。 私はこの言葉を軽々しく使うことは決してない 

(New York Concert Review)



フランシスコ・フラナ ヴァイオリン デヴィット・フォン ピアノ

3月9日(木)18:45開演 3,500円(学生2,100円) [指定]





2年前の宗次エンジェルヴァイオリンコンクールで優勝し、

ストラディヴァリウス「レインヴィル」を貸与され、

その貸与終了に伴い開催されるこの記念公演。

「この楽器を弾くことができたことは、

「正に私にとって夢が叶った、という経験でした。

この素晴らしい楽器は注意深く自分の音を聴くことを助けてくれます。

バックにどれほど大きなオーケストラが在ろうとも、

いつでも自由に“自分らしく”弾かせてくれる、そんな楽器でした」

とお話して下さいました。  

フラナさんはこのレインヴィルを今回の公演を機に返却されますが、

この先ストラディヴァリ・ソサエティ(米)により

グァルネリ・デルジュス“メリー・ポートマン(1735年製)”の貸与が既に決まっています。

この楽器は、かのクライスラーが所持していたこともあるという、

フラナさんの言うところの「弦楽器界の王冠の宝石」!

 このような楽器を手にすることができるのは、フラナさんの実力あってこそ。  

今回一緒に来日されるピアニスト、フォンさんも

ルービンシュタイン国際やエリザベート王妃国際で入賞を果たしている実力派。

二人はつい先日のフラナさんのカーネギー・ホール(NY)デビュー公演でも共演し、

「二人の対話は技術・スタイル共に非の打ちどころがない」と各紙に大絶賛されました。  

「安定感、正確さ、魅惑的な音、パワー、そして陰影。全てを持っている名手」

と評されるフラナさんがレインヴィルを奏でる最後の機会です!

お聴き逃しなく!

今回のプログラムはカーネギー・ホール・デビュー・コンサートとほぼ同じプログラム。

「勇敢で慎ましやか、一線を画した、まさに“壮観”」と評された演奏、

お聴き逃しないように!




フランシスコ・フラナ(表)




フランシスコ・フラナ(裏)





宗次ホールでのコンサートチケットは、

宗次ホールチケットセンター窓口あるいはお電話で♫


☏ 052-265-1718
(営業時間 10:00~18:00 )



チケットぴあ等、各プレイガイドでも好評発売中です。

(チケットぴあ、名鉄ホールチケットセンターはインターネットでのご購入も可能です)。

チケットぴあ :0570-02-9999

♫ 愛知芸術文化センタープレイガイド:052-972-0430

♫ 栄プレチケ92(旧三越(栄)プレイガイド):052-953-0777

名鉄ホールチケットセンター:052-561-7755



毎日つぶやいています♫

当日券情報など、宗次ホールの「今!」はツイッターで♫

宗次ホールツイッター



企画担当が宗次ホールの公演を上から下から表から裏から、写真でレポート♫

FACEBOOKはこちら♫

宗次ホールfacebook


関連記事

0 Comments

Post a comment