flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

2/26 あなたの知らない テューバのディープな世界

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から

名古屋フィルのテューバ奏者、林裕人さんによる「テューバのディープな世界」が終演。

こんなマニアックな企画で大丈夫かなぁ、と林さんと企画担当者で心配しながらも、

なんと約240名様にご来場いただき、まことにありがとうございました。


16998109_1448270231892648_2430357499979167698_n.jpg


前半は様々なテューバの仲間たちの紹介と作曲家たちがテューバをどのように使っているか、

ピアニストの新居由佳梨さんにオーケストラ全体を弾いていただきながら、

実際にテューバが受け持っているパートを林さんが演奏するというもの。

「ドヴォルザークの”新世界”ではひたすら待つのみ・・・」というエピソードも。


画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、演奏


後半はテューバの可能性のギリギリのところを攻めてみた、

ということで「愛の喜び」や「小犬のワルツ」を演奏。

「小犬、は練習すぎて指が腱鞘炎になりそうでした」と。

たしかにものすごい速吹きで、ひときわ大きな拍手が。


画像に含まれている可能性があるもの:室内


最後はクーツィール作曲の「テューバのための小協奏曲」でカッコよく締めくくられました。

...

アンコールはテューバソロで、吹きながら歌う重音奏法の曲を。

楽譜にも「O----E-----O--E--」とちゃんと書いてありました。



自動代替テキストはありません。


いやーテューバの世界、想像以上にディープでしたね!


画像に含まれている可能性があるもの:2人




( 宗次ホール公式facebook より)


関連記事

0 Comments

Post a comment