flower border

宗次ホール・オフィシャル・ブログ

「クラシック音楽を通じて人と街をやさしくしたい!」クラシック音楽の宗次ホール(名古屋・栄)です♪

3/21 コンドルは飛んでいく

Categoryコンサートの様子 スタッフの視点から

本日は南米音楽グループ、プロジェクト「ナスカ」による公演でした。

( 宗次ホール公式facebook より)



17361660_1479985552054449_4543917865373597524_n.jpg


 南米フォルクローレ音楽の公演は度々やっているものの、毎回完売。

今回も漏れなくほぼ満席でした!雨の中ご来場頂きました皆様、ありがとうございます。

 南米グループの方たちは、いつも皆どの楽器も吹き、叩き、弾き、そして一人二役も三役も同時に演奏します。そして「ナスカ」の皆さん(みなさん90年代来日本に移住されており、今日は和歌山・神戸・大阪から集まってくれたとのこと)も流暢な日本語と、関西風、(?)掴みもばっちりなトークで楽しませてくれました。


自動代替テキストはありません。


そうそう、↑ この写真に写っているプラスチックのケースに入ったつぶつぶ、「あずき」なんですが、それを次の写真でアントニオさんが持っている「サンポーニャ」にコロコロ入れていたので理由を尋ねると、”外が寒くて楽器のピッチが下がってしまうから、あずきを入れて管の長さを短くして、ピッチを上げる”だそう!


画像に含まれている可能性があるもの:1人、演奏


おもしろいですね~!

PA使用したりしましたが、最終的には「あずき」です。




また5,6月にはランチタイムで、そして7月にはスイーツタイムでアンデス民俗音楽の公演を予定していますので、そちらもチェックしてくださいね ♪

関連記事

0 Comments

Post a comment